株式会社アスク環境測量 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2丁目14番12号 伊勢権ビル 3F
 
 

土木・建設工事に関する測量業務

一般測量
事業用地の境界確定や設計の基となる地上物の現況を測量します。土木建築や土地活用の基になる測量を行います。
  * 基準点測量:多角点測量やGPS測量で公共既知点から座標を求めます。
* 水準測量:公共水準点等から標高を求めます。
  * 地形測量・用地測量:敷地面積形状や建物構造物等の地上物を測ります。
  * 路線測量・河川測量:道路や護岸工事等の建設のための調査、計画、設計等に用いられる測量を行います。現況から線形の中心線を設定します。
工事測量
建河川・橋梁・道路 地中・シールド等の土木工事の基準となる基準点・水準測量及び現況中心線形や施工地形状の設計照査、施工引照点測量を行います。
  * 基準多角点測量・施工用トラバース網、仮BM設置。
* 施工中心線形、横断線形引照点設置。
  * 縦横断測量・土量計算。
  * 施工出来型観測。(橋脚・橋台の躯体、支間、沓座形状等)
 
宅地造成・各種申請業務
宅地造成・設計、不動産登記、公共用地境界確定申請等、土地家屋調査士・土木設計事務所と提携し、連携業務で取組んでいます。
 

建設工事に伴う近隣影響調査業務

低周波音測定
工事に起因する影響を定量的に把握するとともに、近隣への建設公害のトラブルを軽減し、事後処理を円滑に進めるための基礎資料となります。東京都や国(用地対策連合会)、各自治体や事業者によって様々な調査仕様が規定され、環境変化の発生形態に沿った調査を行います。
  * 騒音・振動調査:法律や条令で規制する基準値の遵守確認。長期間継続した無人監視測定器(表示器付)の使用が多くなっています。
* 地盤変形調査:周辺地盤の沈下や移動を定期的に動態観測します。
  * 地下水調査:既存・観測井戸(新設)の地下水位や水質の変化を調べます。
  * 家屋調査:建物や工作物の損傷や傾斜状況を調査、写真記録します。工事前と工事後を比較して変化を調査します。
 
建物・精密機器への振動影響 (工事振動と地震)
法律や条令での振動は、人が大きく感じる上下動で特定の周波数をカットした体感補正値で評価しています。人の感覚評価ではない建物や精密機器は、水平方向を含めた振動の物理量、振動加速度(gal)又はLVA dBで評価します。上下動の大きい工事振動より横揺れの大きい地震の方が、建物や機器への影響が大きくなります。
  * 重要文化財等と接近した工事に、振動加速度監視測定システムで管理施工。地震動と工事振動の長期監視測定 参照
* 騒音や水位、温度等の気象。固定式傾斜計の併用で、構造物の挙動変位観測が行えます。
 

近接施工に伴う構造物の変状計測

基礎杭工・掘削工等地業に伴う近接構造物調査
鉄道や首都高速道路等と近接する工事では構造物の変状計測が必要です。離隔や深度から影響程度を予測し、「地中構造物の建設に伴う近接施工指針」等を参考に計測項目や計測方法、計測レベル(頻度)を管理者と協議の上決定します。施工中は設定した管理値を監視し、管理値超過の場合、計測レベルを上げる等の対策が必要です。
  * 自動計測管理:固定式傾斜計測(地上・地中)、光式沈下計測(地上)。
* 気象等自動計測管理:風向・風速、温・湿度、水圧式水位計測。
  * 人力観測:トランシット、レベル、光波測距儀による水準・離隔・測角計測。
 

トンネル内空変位観測・地中レーダ探査、その他

トンネル内空変位観測
  * 三次元座標によるトンネル内空変位観測
 
地中レーダ探査
  * 電磁波地中レーダによる空洞・空隙等の探査。
 
   

 
トップページ | 業務案内 | 会社概要 | お問合せ | リンク
Copyright 2012 ASUKU KANKYO SOKURYOU Co.Ltd.All Rights Reserved.